セキュリティ インテリジェンスレポート(2007年1-6月)を発表(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

セキュリティ インテリジェンスレポート(2007年1-6月)を発表(マイクロソフト)

マイクロソフト株式会社は10月23日、同社セキュリティ インテリジェンス レポートを公開した。同レポートは、2007年上半期に焦点をあて、過去に調査してきたソフトウェアの脆弱性、ソフトウェアの悪用、迷惑ソフトウェアである可能性のあるものの情報などを提供するもの

製品・サービス・業界動向 業界動向
マイクロソフト株式会社は10月23日、同社セキュリティ インテリジェンス レポートを公開した。同レポートは、2007年上半期に焦点をあて、過去に調査してきたソフトウェアの脆弱性、ソフトウェアの悪用、迷惑ソフトウェアである可能性のあるものの情報などを提供するもの。

レポートによると、業界で新たに開示されたソフトウェアの脆弱性数は引き続き千単位で、2007年上半期に新たに開示された脆弱性は3400以上。また2006年は、マイクロソフト製品の公開された既知の脆弱性の29.3%に一般で利用可能な実証コードがあった一方、2007年8月1日付では20.9%であった。脆弱性件数が増加している一方で、実証コードの割合は変わらない、あるいは微妙に減少していることが分かった。マルウェアの動向としては、トロイの木馬は2007年上半期に収集された亜種で最大数であった。

http://www.microsoft.com/japan/security/sir.mspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×