トルコからスウェーデンのウェブサイトを攻撃 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

トルコからスウェーデンのウェブサイトを攻撃

国際 海外情報

5000件以上のスウェーデンのウェブサイトが、トルコのハッカーから攻撃を受けたとAPが報じた。犯行は、スウェーデンの新聞が、預言者ムハンマドの顔をした犬の風刺画を掲載したことに怒ったトルコ人によるものだとみられている。

攻撃対象となったのは、サーバのプロバイダであるProinetがホスティングする約1600件のウェブサイトだ。他にも社名は発表されていないが、別のプロバイダがターゲットとなっていて、3800件のサイトが被害に遭った。

事件を受けて、Proinetのスポークスマン、チェーティル・ジェンセンは、10月7日、ハッカーはトルコのサーバから活動を行っていると発表。さらに正規のファイルの代わりにメッセージをポスティングしていたと話している。

また、スウェーデンの通信社、TTは、子ども向け漫画Bamse(バムセ)のウェブサイトも、イスラム教の預言者が侮辱されたという内容のメッセージに差し替えられていたと報じている。バムセはテーマパークまであり、スウェーデン人に大人気の漫画だ。

風刺画を載せたのは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×