ウェブアプリケーションの脆弱性自動検査サービスを開始(インフォリスクマネージ他) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ウェブアプリケーションの脆弱性自動検査サービスを開始(インフォリスクマネージ他)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

インフォリスクマネージ株式会社は10月16日、株式会社ソフテックと共同でWebアプリケーションの脆弱性診断を自動で行うサービス「WebSiteScan」を10月より開始したと発表した。2007年に国内で実施された脆弱性関連情報の届出状況によると「ウェブアプリケーションの脆弱性」「任意のスクリプト実行による脅威」の原因が上位を占めている。これを受け同社は、初期コストなし、かつ月次費用も低価格な同サービスを開始した。

検査レポートは、脆弱性レベルや脆弱性の内容、その対策方法をWebにて実施する。また、セキュリティコンサルタントによる報告会の実施などのサポートも用意する。さらに遠隔地からサーバ・ネットワーク機器の脆弱性を診断する「SiteScan」との組み合わせにより、Webシステム全体のセキュリティも向上することが可能だ。

http://www.inforisk.co.jp/release/pdf/071016.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×