「@SOLAショップ」不正アクセスで個人情報が漏洩、2年間放置 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

「@SOLAショップ」不正アクセスで個人情報が漏洩、2年間放置

製品・サービス・業界動向 業界動向

丸紅インフォテック株式会社は10月12日および15日、同社が運営するインターネットショッピングサイト「@SOLAショップ」の顧客データに外部からの不正アクセスがあり、個人情報の一部が漏洩したことが判明したと発表した。これは、同ショップにおいて2005年6月13日から2007年7月28日にかけて、何者かによる不正侵入を受け、最大13,670人分の個人情報が漏洩した痕跡が発見されたというもの。

漏洩した個人情報は、現時点では詳細は不明としているが、会員ID、パスワード、クレジットカード番号、カードの有効期限、名前、電話番号、メールアドレス、住所が含まれているとしている。なお、15日の発表により13,670名のうち、クレジットカード情報が漏洩した対象者が13,252名と判明している。

丸紅インフォテック:個人情報漏洩に関する経過のご報告
http://www.m-infotec.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×