情報セキュリティ製品に関する調査結果を発表(矢野経済研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

情報セキュリティ製品に関する調査結果を発表(矢野経済研究所)

製品・サービス・業界動向 業界動向

矢野経済研究所株式会社は、2007年2月〜2007年6月に実施した情報セキュリティ製品に関する調査の結果を発表した。同調査は、国内市場参入ベンダ企業各社を対象とした、情報セキュリティ対策ハードウェア、ソフトウェア製品についての調査。2006年度のUTMアプライアンス製品の国内出荷額は50億5000万円で、2005年度に比べて162.9%と大幅に成長した。

2007年度も順調に市場拡大は継続し、UTM製品の本格的な普及が始まったようだ。また、情報システムに対するセキュリティ上の脅威が高度化、複雑化が進んでいることから、ファイアウォールの設置や、クライアントPCへのセキュリティソフトのインストールといった個別の対策を施すだけでなく、効果的な組み合わせやネットワーク全体への影響を考慮した対策を必要としているようだ。

http://www.yano.co.jp/press/press.php/000287
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×