メール暗号化アプライアンスに仮想モデルを追加(オレンジソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

メール暗号化アプライアンスに仮想モデルを追加(オレンジソフト)

株式会社オレンジソフトは、メールの添付ファイルを自動的にZIP暗号化するアプライアンスサーバ「BRODIAEA safeAttach」に新モデル「BRSA-02V」を追加すると発表した。同製品は、VMWare上で動作する仮想アプライアンス。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社オレンジソフトは、メールの添付ファイルを自動的にZIP暗号化するアプライアンスサーバ「BRODIAEA safeAttach」に新モデル「BRSA-02V」を追加すると発表した。同製品は、VMWare上で動作する仮想アプライアンス。

仮想マシン上で動作することで、多種多様なハードウェア・ホストOS上で動作させることが可能となり、柔軟なシステム構成を実現できるようになった。さらに設定のリセット等、管理機能の改善も行なっている。また同社は同時に「BRSA-02」のソフトウェアのアップデートも実施した。既存ユーザは無償でアップデートできる。

http://www.orangesoft.co.jp/modules/news/article.php?storyid=61
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×