周波数解析法による指紋認証を標準搭載したThinkPadモデルを発売(NTTコムウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

周波数解析法による指紋認証を標準搭載したThinkPadモデルを発売(NTTコムウェア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)は10月1日、レノボ・ジャパンが販売する「ThinkPad」シリーズの指紋センサー搭載モデルに、指紋認証ソリューション「e-UBF」を搭載した「ThinkPad e-UBF Smart Model」を製品化し、丸紅インフォテックを通じて販売開始した。

同製品モデルは、既に販売されている指紋認証付き「ThinkPad」の認証方式に「周波数解析法」を利用する「e-UBF」を採用したもので、アプリケーションへのログイン認証を指紋認証に置き換えることが可能。また、別売のクライアント/サーバ版にアップグレードすることで、指紋情報やユーザーアクセスログの一元管理が可能となり運用を軽減できる。

価格は220,500円(ThinkPad X61)〜。アップグレードソフトウェアの価格はオープン。

http://www.nttcom.co.jp/news/pr07100101.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×