ID管理システムの新版を発売(京セラコミュニケーションシステム) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.20(土)

ID管理システムの新版を発売(京セラコミュニケーションシステム)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は10月2日、ID管理システムの最新バージョンとして「GreenOffice Directory Version3.10」を同日より提供開始したと発表した。ライセンス料金は210万円(300ユーザ)から。本製品は、「日本の企業には日本の商習慣にあったID管理が必要」というコンセプトのもとに開発されたID管理システム。

社内システムのID統合に加え、組織変更・人事異動時においても、IDやアクセス権限を適切、効率的に維持・管理し、職務分掌の整備を支援する。IDを一元管理することにより、セキュリティポリシーの徹底と管理コストの削減、ひいてはIT統制の強化が可能となる。新バージョンでは、権限委譲機能やRSA Access Manager連携機能が新たに追加されている。

http://www.kccs.co.jp/press/release/071002.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×