著作権侵害対策の会社から情報流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

著作権侵害対策の会社から情報流出

国際 海外情報

P2Pネットワークを通じて、一般のインターネットユーザが映画やミュージックビデオを共有することは、制作者側を脅かす大問題だ。著作権保護のためのソリューションを提供する組織も増加しているが、そのうちの1社、Media Defender Inc.のe-mailが、多数インターネット上に流出したと、9月17日付けのComputerworldが伝えた。

MediaDefenderは米国カリフォルニア州に本社を持つ。今年3月の『LA Times』では従業員は約60人の企業と紹介されている。著作権を侵害して、インターネット上での、動画ファイルなどの著作物の違法公開を阻止するためのサービスを行い、現在、ユニバーサルピクチャーズ、20世紀フォックス、パラマウントピクチャーズなどの、ほぼ全ての大手映画スタジオや、バージンレコードをはじめとするレコード会社などが利用していると言われている。

このMediaDefenderのe-mailメッセージ、約6000件が流出。ファイル共有のためのBitTorrentにより、インターネット上で広められた。メッセージを獲得した中に、html形式に変換した人がいたようで、ウェブページも見つかっているそうだ。

メッセージを獲得したのは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×