ソニー生命、社員の個人用PCウイルス感染で顧客情報が流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

ソニー生命、社員の個人用PCウイルス感染で顧客情報が流出

製品・サービス・業界動向 業界動向

ソニー生命保険株式会社は9月28日、同社の札幌ライフプランナーセンター第4支社に所属する営業社員が、顧客データの入った業務用PCを自宅に持ち帰り、私用のPCを利用して顧客データを整理していたところ、PCに組み込まれていたファイル交換ソフト「Share」を介してウイルスに感染し、9月17日16時以降から深夜にかけて顧客情報を含む個人情報がインターネット上に流出していたことが判明したと発表した。流出した情報は現在調査中としているが、契約情報等を含む顧客情報が約1,100名、団体名簿が約7,500名、その他個人情報が約3,900名の合計で約12,500名になる可能性があるという。


ソニー生命保険:パソコンのウィルス感染による個人情報の流出について
http://www.sonylife.co.jp/company/news/19/files/070928_share.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×