独自のセキュリティ技術を搭載した無線LAN製品を発売(トリニティーセキュリティーシステムズ) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

独自のセキュリティ技術を搭載した無線LAN製品を発売(トリニティーセキュリティーシステムズ)

株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は9月5日、法人向けに高度なセキュリティ機能と使いやすさを両立した無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」を9月12日より発売すると発表した。またこれに合わせて、「IPN-W100シリーズ」向けの最新ファームウェア

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は9月5日、法人向けに高度なセキュリティ機能と使いやすさを両立した無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」を9月12日より発売すると発表した。またこれに合わせて、「IPN-W100シリーズ」向けの最新ファームウェア及びクライアントユーティリティソフトウェア(共にver.1.3)の提供を開始する。

IPN-W120APは、高知工科大学清水明宏教授が考案したワンタイムパスワード認証方式「SAS-2」と世界標準の暗号方式とを組み合わせた同社独自の「IPN技術」を搭載し、安全性を高めた企業向け製品。米Atheros Communications社が開発した無線LANの高速化技術「SuperAG」に対応し、IEEE802.11a/b/gの無線LAN実効スループット高速化が可能となっている。価格は134,400円。

また、同時に提供されるIPN-W100シリーズ向け最新ソフトは、同製品シリーズの機能強化を中心に、 Active Directoryなどのディレクトリ・サービスを利用する企業ネットワークでの併用を可能にするなど、さらなる使い勝手の向上を実現したもの。同社サイトより無償ダウンロードが可能。

http://www.trinity-ss.com/topics/lanipnw120ap912.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×