メールサーバの高可用性クラスタ化ソリューションを発表(CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー、センドメール) | ScanNetSecurity
2021.12.09(木)

メールサーバの高可用性クラスタ化ソリューションを発表(CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー、センドメール)

 株式会社CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー株式会社、センドメール株式会社の3社は9月10日、都内で記者会見し、センドメールの「Sendmail Advanced Message Server(以下、SAMS)」で構築されたメールシステム向けの高可用性クラスタ化ソリューションとして、「

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー株式会社、センドメール株式会社の3社は9月10日、都内で記者会見し、センドメールの「Sendmail Advanced Message Server(以下、SAMS)」で構築されたメールシステム向けの高可用性クラスタ化ソリューションとして、「Sendmail Cluster Kit for Windows」の販売を同日から開始することを発表した。

 「Sendmail Cluster Kit for Windows」には以下のような特長がある。
●SAMS固有の監視スクリプトなどの開発が不要
●SAN(Storage Area Network)などの共有ディスクを使わずに、2台のサーバに搭載した内蔵ディスクをネットワークミラー化する構成を採用
●HAクラスタを実現するWindows ServerのEditionは問わない

 会見で、CSK Winテクノロジ社 営業部 部長の清瀬氏は、「メールシステムはもはや単なるプラットフォームではなく基幹システムとしてビジネス必須アイテムとなり、その重要性が高まってきている」と話した。
 サーバに障害が発生した際にコールドスタンバイによる対策を行うだけでは、その停止時間はシステムによっては致命的なものとなる。そこで、クライアントへのサービス継続や、メンテナンスなどの計画停止中のサービス提供などを考えるとホットスタンバイの実現が重要だ。「Sendmail Cluster Kit for Windows」は障害を検知して自動的にホットスタンバイ機にサービスを切り替えることが可能だという。

http://www.sendmail.co.jp/company/press/pdf/070910_Sendmail-Cskwin-Sios.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×