2007年8月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

2007年8月のウイルスTOP20、オンラインスキャナTOP20を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社Kaspersky Labs Japanは、2007年8月のウイルスTOP20およびオンラインスキャナTOP20を発表した。ウイルスでは、前回に新規参入したウイルスが勢力を弱めると同時に、古参の「NetSky.q」が復活して8月のランキング首位となっている。このウイルスは発生してから3年半経つが、活動範囲を全く狭めておらず、アンチウイルスベンダも対応に苦慮しているという。

オンラインスキャナでは、全体的には8月はここ数ヶ月と比較すると変化が少なかったとしている。新たにランクインした悪意ある(または不要な)プログラムは4つだけで、これらがTOP20の全体に占める割合は非常に小さくなっている。たとえば7月に首位となった「Dialer.cj」が9%を占めていたのに対し、8月のトップである「Packed.Win32.PolyCrypt.b」はわずか2%に過ぎなかった。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578602
http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578603
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×