JPCERT/CC、TCP 5168ポートへのスキャン増加に関する注意喚起 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

JPCERT/CC、TCP 5168ポートへのスキャン増加に関する注意喚起

製品・サービス・業界動向 業界動向

JPCERT/CCは8月23日、TCP 5168ポートへのスキャンが8月22日より増加していることを、インターネット定点観測システム(ISDAS)において確認したと発表した。これらのスキャンの原因は特定できていないとしながらも、先日SecurityPatch が公開されたTrend Micro 社「ServerProtect」の脆弱性を狙った攻撃の可能性があるとしている。

JPCERT/CCでは対策として、Trend Micro ServerProtect for Windows/NetWare 5.xを利用している場合は、SecurityPatchの適用を実行すること、またウイルスに感染した場合の二次被害を防ぐために、内部から外部のTCP 5168ポート宛のパケットを制限するよう呼びかけている。

JPCERT/CC:TCP 5168番ポートへのスキャン増加に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2007/at070019.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×