IEEE802.1xプロトコル内蔵の無線LAN用ベースバンドLSIを開発(ローム) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

IEEE802.1xプロトコル内蔵の無線LAN用ベースバンドLSIを開発(ローム)

ローム株式会社は8月21日、組み込み用途向けに業界で初めて高度な暗号認証処理を実現するIEE802.1xプロトコルを内蔵した無線LANベースバンドLSIとして、SDIOホストインタフェース対応の「BU1802GU」と、SPIホストインタフェース対応の「BU1803GU」の2機種を開発したと発

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ローム株式会社は8月21日、組み込み用途向けに業界で初めて高度な暗号認証処理を実現するIEE802.1xプロトコルを内蔵した無線LANベースバンドLSIとして、SDIOホストインタフェース対応の「BU1802GU」と、SPIホストインタフェース対応の「BU1803GU」の2機種を開発したと発表した。本製品は、無線LAN機器との間でセキュリティ機能に加え、暗号認証システムをもつ無線通信を簡単に実現するもの。8月からサンプル出荷(サンプル価格:5,000円)を開始し、2008年1月から当面月産50万個の規模で量産を予定している。

今回開発した2製品は、CPUに高速処理が可能なARM7TDMI(R)を採用し、IEEE802.11a/b/g準拠の無線通信機能とメディアコントローラ、そして各種暗号プロトコルを搭載したIEEE802.11i準拠のセキュアエンジン機能のすべてを搭載し、ホストCPUでの負荷を大幅に軽減する。また、高度な認証システムを実現できるIEEE802.1xプロトコルを業界で初めてベースバンドLSIに搭載したことで、ホストCPUへのプロトコル移植をすることなく、認証システムサーバ(RADIUSサーバ)と、よりセキュリティ度の高いネットワーク接続が可能になる。

http://www.rohm.co.jp/news/070821.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×