ソニー銀行がフィッシング詐欺対策に「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

ソニー銀行がフィッシング詐欺対策に「RSA FraudAction」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は8月9日、ソニー銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、同社の「RSA FraudAction」を採用したと発表した。RSA FraudActionは、フィッシングサイトのシャットダウンをはじめ、採用した企業に対する攻撃、フィッシングサイトが出現したときは

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は8月9日、ソニー銀行がフィッシング詐欺対策の強化策として、同社の「RSA FraudAction」を採用したと発表した。RSA FraudActionは、フィッシングサイトのシャットダウンをはじめ、採用した企業に対する攻撃、フィッシングサイトが出現したときは、ブロッキングパートナーと呼ぶインターネットサービス業者(ISP)やポータルサイトなどに通知され、フィッシングサイトへのアクセスを防止する。

同行は、円預金をはじめ外貨預金、投資信託、各種ローン、年金・保険、証券仲介、クレジットカードなどの金融商品を扱うインターネット銀行。インターネットの特性を活かした利便性と質の高いサービスをより安心して利用できる環境を整えるため、フィッシングから利用者を保護する施策として、RSA FraudActionを採用。ネット犯罪から利用者を保護することができる。

http://www.rsa.com/japan/news/data/20070809.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×