三井住友海上火災保険の代理店、1,241名分の顧客情報を記録したPCを紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

三井住友海上火災保険の代理店、1,241名分の顧客情報を記録したPCを紛失

三井住友海上火災保険株式会社は8月20日、同社の委託代理店である有限会社天奨において、顧客情報が記録されたノートPC1台を入れた鞄を代理店事務所近くの駐車場に置き忘れ、紛失するという事故が8月10日に発生したと発表した。紛失したPCには、同代理店で三井住友海上火

製品・サービス・業界動向 業界動向
三井住友海上火災保険株式会社は8月20日、同社の委託代理店である有限会社天奨において、顧客情報が記録されたノートPC1台を入れた鞄を代理店事務所近くの駐車場に置き忘れ、紛失するという事故が8月10日に発生したと発表した。紛失したPCには、同代理店で三井住友海上火災保険の保険加入者1,241名分(保険会社別の件数)の氏名・商号、住所、電話番号、生年月日、証券番号、満期日、補償内容(自動車保険)の情報が含まれていた。

同代理店では、事故発覚後速やかに愛媛県警松山南警察署への届出を行っているが、現時点では発見にいたっていないという。なお、同PCには起動時パスワードとともに、指紋による本人認証機能が設定されている。また、顧客情報の不正使用等の事実は確認されていないとしている。

三井住友海上火災保険:弊社代理店におけるお客さま情報が保存されたパソコンの紛失事故について
http://www.ms-ins.com/news/h19/news_0820_1.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×