LAN接続HDDに情報漏えい対策ソフトなどをパッケージ(アイ・オー・データ) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

LAN接続HDDに情報漏えい対策ソフトなどをパッケージ(アイ・オー・データ)

株式会社アイ・オー・データ機器は8月1日、同社が2006年10月に発表したLAN接続型ハードディスク「LANDISK HDLM-GWINシリーズ」をベースとし、サイエンスパーク株式会社の情報漏洩対策セキュリティソフト「Driverware NonCopy」を10クライアントライセンス分添付した「HD

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社アイ・オー・データ機器は8月1日、同社が2006年10月に発表したLAN接続型ハードディスク「LANDISK HDLM-GWINシリーズ」をベースとし、サイエンスパーク株式会社の情報漏洩対策セキュリティソフト「Driverware NonCopy」を10クライアントライセンス分添付した「HDLM-G500NC」ならびに、株式会社アイティーシステムの画面キャプチャーロギングソフト「RealCapture Light」を10クライアントライセンス分添付した「HDLM-G500RC」の2製品の受注を開始したと発表した。ともに受注生産となる。

「HDLM-G500NC」は、ハードウェアRAIDコントローラによるミラーリングと、Windows Storage Server 2003 R2 Workgroup Editionを搭載したLAN接続型HDD。「NonCopy」対応済みの状態で出荷され、添付の「NonCopy」を既存の業務PCに導入することで、ユーザアクセスや操作機能が制限されたシンクライアント端末のように使用できる。本製品に保存されたデータの読み書きの際には強固なAES256bitの暗号化技術がほどこされ、本製品のNonCopy対象共有フォルダからのコピー、ペースト、印刷、持ち出しを一切禁止する。「HDLM-G500RC」は、「HDLM-G500NC」と同等のハードウェアに、アイティーシステムのソフト「RealCapture Light」を添付した製品。任意の間隔で、マウス操作や特定のキーボード操作など、予め設定された動作をきっかけにPCに映っている画面そのものを画像データとして本製品に記録する。

http://www.iodata.co.jp/news/2007/08/07_pr017.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×