ソフォス、2007年7月の「ウイルス傾向レポート」を発表 | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

ソフォス、2007年7月の「ウイルス傾向レポート」を発表

ソフォス株式会社は8月2日、2007年7月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」「メールウイルストップ10」を発表した。報告によると、7月に同社が検知したWebウイルスの半数以上を「Mal/Iframe」が占めた

製品・サービス・業界動向 業界動向
ソフォス株式会社は8月2日、2007年7月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」「メールウイルストップ10」を発表した。報告によると、7月に同社が検知したWebウイルスの半数以上を「Mal/Iframe」が占めた。「Mal/Iframe」の比率が6月の64.0%から56.0%に下がった要因のひとつとして、「Mal/ObfJS」の増加を挙げている。「Mal/ObfJS」は5月には1.8%だったが、7月には17.3%と継続的に増加している。

2007年7月におけるWebウイルストップ10の上位は、「Mal/Iframe」が56.0%で1位、「Mal/ObfJS」が17.3%で2位、「Troj/Psyme」が10.4%で3位となった。また、2007年7月に同社が検知した、マルウェアに感染したWebサイトをホスティングしている国別にまとめたランキングは、中国(香港を含む)が49.8%で1位、アメリカが21.8%で2位、ロシアが14.7%で3位であった。トップ10メールウイルスの上位は、「W32/Netsky」が27.2%で1位、「W32/Mytob」が18.3%で2位、「W32/Zafi」が12.4%で3位となっている。


ソフォス
http://www.sophos.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×