管理者の操作も監視できるWindowsファイルサーバ用監査ツールを発売(エグゼソリューションズ) | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

管理者の操作も監視できるWindowsファイルサーバ用監査ツールを発売(エグゼソリューションズ)

株式会社エグゼソリューションズは7月30日、Windowsファイルサーバ用の監査ツール「FC1 Audit」を発表、8月1日より販売を開始した。出荷は9月1日より。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社エグゼソリューションズは7月30日、Windowsファイルサーバ用の監査ツール「FC1 Audit」を発表、8月1日より販売を開始した。出荷は9月1日より。

同製品は、インテリジェントソフトウェアーが開発したもので、ファイルサーバにエージェントをインストールする方式により、クライアントPCからのすべてのサーバ操作を監視・監査できるというもの。加えて、コンソールからのサーバ管理者の操作もチェック可能となっており、ファイルサーバの情報漏洩対策や内部統制の強化などに効果的。また、脆弱性診断機能も搭載している。監査対象のサーバに直接インストールするスタンドアロン構成のほか、監査用サーバ1台で最大200台のファイルサーバを監査する集中管理構成も可能。

監視対応サーバは、Windows 2000 Server/Windows Server 2003。クライアントエージェントを併用すればSamba/NASにも対応。価格はライセンスとレンタルがあり、ライセンス価格は、監視サーバ1台当たり525.000円(保守費は別)。レンタル価格は監視サーバ1台当たり年間262,500円(保守費込み、初年度契約は最低2年から)。

http://www.exe-sol.com/download/pressrelease_fc1audit.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×