法人向けの新セキュリティ対策ソリューションを発表、10月出荷予定(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

法人向けの新セキュリティ対策ソリューションを発表、10月出荷予定(シマンテック)

株式会社シマンテックは7月19日、法人向けのエンドポイントセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection 11.0」と、同オプションモジュールの「Symantec Network Access Control 11.0」を発表した。両製品とも10月に発売する予定。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社シマンテックは7月19日、法人向けのエンドポイントセキュリティソリューション「Symantec Endpoint Protection 11.0」と、同オプションモジュールの「Symantec Network Access Control 11.0」を発表した。両製品とも10月に発売する予定。

Endpoint Protectionは、「Symantec AntiVirus Corporate Edition」の後継製品にあたる製品で、従来提供してきたウイルス/スパイウェア対策機能に加え、ファイアウォール、ホスト/ネットワーク単位の侵入防止ソリューション(IPS)、アプリケーション制御及びデバイス制御をひとつのソリューションとして統合し、総合的に提供するもの。主な特徴としては、ウイルス/スパイウェア検出機能が強化され、マルウェアに対するリアルタイムでの検出、ブロック、修復機能が向上しているほか、検出の難しかったルートキットの駆除にも対応している。また、ビヘイビアスキャニングによって、未知の脅威(ゼロデイ攻撃)に対して保護効果を発揮する新たなプロアクティブ型脅威保護機能を搭載。既知、未知の脅威に対して効果的な防御態勢が実現可能。

他にも、セキュリティポリシーに従ってUSBデバイスや光学ドライブなど各種デバイスへのアクセスを制限することができるデバイス制御機能、独自IPS技術によるネットワーク脅威保護機能などを備え、総合的なセキュリティ環境を構築できる。また、同時発売の「Network Access Control 11.0」との組み合わせにより、ユーザーにおけるエンドポイントの現状把握と評価、適切なネットワークアクセスの確保、修復が可能となる。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20070719_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×