地銀最大手の横浜銀行が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

地銀最大手の横浜銀行が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は7月18日、横浜銀行がインターネット・バンキング利用者向けセキュリティ強化策として、同社のワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。RSA SecurIDは、60秒ごとに生成されるランダムな数字と本人だけが知る暗証番号を用いて認証を行うワンタイム・パスワード。

同行は、インターネット・バンキングサービス「<はまぎん>マイダイレクト」の希望者に無料でワンタイム・パスワードを配布する。これにより、決済や振込みなどの資金移動を行う場面での認証が強化されるほか、スパイウェアやファイル共用ソフトによるパスワードの漏洩などネット犯罪から利用者を保護することができる。

http://www.rsa.com/japan/news/data/20070718.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×