地銀最大手の横浜銀行が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

地銀最大手の横浜銀行が「RSA SecurID」を採用(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は7月18日、横浜銀行がインターネット・バンキング利用者向けセキュリティ強化策として、同社のワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。RSA SecurIDは、60秒ごとに生成されるランダムな数字と本人だけが知る暗証番号を用い

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は7月18日、横浜銀行がインターネット・バンキング利用者向けセキュリティ強化策として、同社のワンタイム・パスワード「RSA SecurID」を採用したと発表した。RSA SecurIDは、60秒ごとに生成されるランダムな数字と本人だけが知る暗証番号を用いて認証を行うワンタイム・パスワード。

同行は、インターネット・バンキングサービス「<はまぎん>マイダイレクト」の希望者に無料でワンタイム・パスワードを配布する。これにより、決済や振込みなどの資金移動を行う場面での認証が強化されるほか、スパイウェアやファイル共用ソフトによるパスワードの漏洩などネット犯罪から利用者を保護することができる。

http://www.rsa.com/japan/news/data/20070718.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×