ソフォス、2007年6月の「ウイルス傾向レポート」を発表 | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

ソフォス、2007年6月の「ウイルス傾向レポート」を発表

ソフォス株式会社は7月2日、2007年6月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」および「メールウイルストップ10」を発表した。発表によると、Webベースの脅威が大きく増加していることが確認されている。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ソフォス株式会社は7月2日、2007年6月のWebベースおよびメールベースのコンピュータウイルスそれぞれの報告数をまとめた「Webウイルストップ10」および「メールウイルストップ10」を発表した。発表によると、Webベースの脅威が大きく増加していることが確認されている。同社が6月中に検知した感染Webサイトの件数は1日平均29,700件にのぼっているが、そのうちの80%以上は正規のサイトがハッキングされたものだという。Webメールウイルストップ10のベスト3は「Mal/Iframe」が64.0%で1位、「Mal/ObfJS」が10.1%で2位、「Troj/Psyme」が3.8%で3位。

トップ10メールウイルスのベスト3は「W32/Netsky」が31.4%で1位、「W32/Mytob」が20.9%で2位、「Mal/Iframe」が10.9%で3位となったメールウイルスのチャートでもIframeが3位にランクしており、WebウイルスがWebだけでなくHTMLメールによっても感染を広げていることが確認されている。なお、マルウェアに感染したWebサイトをホスティングしている国別ランキングは、1位が59.3%で中国(香港を含む)、2位が23.9%でアメリカ、3位が3.6%でロシアとなっている。

ソフォス
http://www.sophos.co.jp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×