パレの個人情報流出、新たに12,100件の流出が判明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

パレの個人情報流出、新たに12,100件の流出が判明

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社パレは6月26日、同社が平成18年7月から10月に現金ポイントカードの会員新規登録およびカード切り替えを委託した個人情報の一部が、東芝テック株式会社の業務委託先からウイルス感染により、インターネットより流出したことが判明した件で新たな発表を行った。

同社によると、再度調査委員会の厳格な調査の結果、新に12,100件のデータが流出したことが判明した。当初は17,181件と発表していたため、合計29,281件の個人情報が流出したことになる。また、6月25日には業務を受託した東芝テックも「お詫びとお知らせ」をサイトに公開しており、同28日にはパレの流出件数を修正している。なお、流出の経緯に関しては一切説明されていない。

パレ:お客様個人情報の流出に関してのお詫び
http://www.pare-marche.com/news/20070626.htm

東芝テック:お詫びとお知らせ
http://www.toshibatec.co.jp/information/2007/070625.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×