シマンテックが「Lhaca」の脆弱性を発見、怪しいLZHファイルの解析で | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

シマンテックが「Lhaca」の脆弱性を発見、怪しいLZHファイルの解析で

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社シマンテックは6月26日、6月22日に日本のユーザから提出されたLZHファイルを検証した結果、疑わしい点が明らかになったと発表した。このファイルには、複数のNOPスレッド、シェルコードに似たコードブロック、暗号解読用コード、エンコードされた実行ファイルがアーカイブファイル自体に入っていた。つまり、ファイルフォーマットを悪用する際に必要な構成要素のすべてが含まれていたことになる。

さらに、Symantec Security Responseチームに所属する末長政樹氏が行った初期分析により、(少なくとも)Lhaca デラックス版バージョン1.20が脆弱性を持つことが判明した。この脆弱性は文字列長の確認を適切に行わないstrcpy()の呼び出しが原因で、重要なスタックメモリーが上書きされる恐れがあり、制御がシェルコードに移行する。この発生を最大限にするために、入手した.lzhファイルにはコードが2つ含まれている。

アーカイブ自体はTrojan.Lhdropperとして検出される。これがLhaca デラックス版 1.20のインストールされた日本語版Windows XP上で実行に成功した場合、WindowsのSystemsフォルダにバックドアが開く。また別のLZHアーカイブも放出され、これはバックドアが開いた後に開かれる。このアーカイブには日本で一般的なフォーマットである一太郎の無害なドキュメントが含まれているが、明らかにこれはユーザに疑問を抱かせないためのトリックとしている。

Symantec Security Response Weblog
http://www.symantec.com/enterprise/security_response/weblog/2007/06/beware_of_lzh.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. シミュレーションゲーム「データセンターアタック」(トレンドマイクロ)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  9. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  10. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×