過去に持ち出た情報を自動的に検出、回収するソフトを発売(ネットエージェント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

過去に持ち出た情報を自動的に検出、回収するソフトを発売(ネットエージェント)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

ネットエージェント株式会社は6月19日、過去に持ち出した会社のファイルを発見、自動回収するソフトウェア「Winny特別調査員2」を8月下旬より発売すると発表した。ISOイメージもしくはCD−ROMで提供され、50ライセンス以上での販売となる。販売価格はISOイメージで2,000円。

本製品を試行させた環境(PC)に接続されているハードディスク内のファイルを調査し、設定された会社名などのキーワードを元に該当キーワードが含まれるファイルやメール、添付ファイルを発見するというもの。発見されたファイルは、情報回収用に設置された専用サーバに自動アップロードされ、ファイルを所有していたPCから完全に削除される。削除されたファイルは、ファイル復旧を試みても復元できないようになる。

http://www.onepointwall.jp/press/20070619.txt
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×