NTT西日本、フレッツ・光プレミアム対応機器のソフトウェアに不具合 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

NTT西日本、フレッツ・光プレミアム対応機器のソフトウェアに不具合

製品・サービス・業界動向 業界動向

西日本電信電話株式会社(NTT西日本)は6月13日、同社が提供しているフレッツ・光プレミアム対応加入者網終端装置を利用している一部のユーザにおいて、本機器のソフトウェアの不具合により、一定期間を経過するとインターネット接続ができなくなる事象が発生することが判明したと発表した。

対象となる機器は、加入者網終端装置「100M H」および「2004W H」で、約27,000台が対象となる。これらの機器の電源投入後、一定期間(約8ヶ月間)経過するとインターネット接続が利用できなくなる。なお、「ひかり電話」の通話については、支障なく利用できることが確認されているという。この問題は、最新のソフトウェアにバージョンアップすることでインターネット接続を行えるようになり、また7月上旬にこの問題を解消するソフトウェアを提供するとしている。

NTT西日本:フレッツ・光プレミアム対応機器のソフトウェア不具合及び
お客様への対応について
http://www.ntt-west.co.jp/news/0706/070613a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×