行方不明となった航空保安官らの個人情報(2)頻発するハードドライブの紛失に訴訟も | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

行方不明となった航空保安官らの個人情報(2)頻発するハードドライブの紛失に訴訟も

国際 海外情報

●疑問視されたTSAの情報管理

TSAが所有しているその他の外付けハードドライブやラップトップの数量については、漏洩事件後、TSAが用意したFAQの質問でも挙げているが、正確な数については明らかにしていない。しかし、5万人を越える職員を抱え、また数百カ所の事務所を世界中に持つ組織であるということで、相当数を所有していることは示唆している。

外付けのハードドライブは、人事部の管理区域で保管されていた。5月7日付けの『Federal Times』によると、ハードドライブに保管されていたデータは、暗号化処理がされていたかは分からないとしている。TSAでは規定のデータセキュリティ処理手順が守られていたか、現在、調査中ということだが、もし違反があったと判明した場合は、関係者に何らかの懲戒処分を下すことをすでに表明している。

連邦政府機関からの情報漏洩では、2006年の5月に、退役軍人局のラップトップと外付けハードドライブが、職員宅から盗難されるという事件があった。これらのハードには2650万件の個人情報が入っていたということで大問題となった。事件を受けて、6月には行政管理予算局が、全ての連邦政府機関に対して新しいセキュリティ・ガイドラインを作成、その実施を勧めている。

ガイドラインでは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×