量子暗号鍵を200kmの光ファイバー上で配送に成功(NTT他) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

量子暗号鍵を200kmの光ファイバー上で配送に成功(NTT他)

日本電信電話株式会社(NTT)、国立情報学研究所(NII)スタンフォード分室および、National Institute of Standards and Technology(NIST)は共同開発において、量子暗号鍵を世界最長200kmの光ファイバー上での配送を実現したと発表した。現在、一般に使われている公開

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本電信電話株式会社(NTT)、国立情報学研究所(NII)スタンフォード分室および、National Institute of Standards and Technology(NIST)は共同開発において、量子暗号鍵を世界最長200kmの光ファイバー上での配送を実現したと発表した。現在、一般に使われている公開鍵方式の暗号システムは、現在のパソコン能力では暗号解読に膨大な時間がかかるが、将来、コンピュータの能力が向上すると解読される可能性があった。

そこで次世代暗号技術として「量子暗号」が注目されている。これまで量子鍵配送実験では、伝送距離は100km程度/鍵生成率は最大166bpsであったが、今回NTT、NIIスタンフォード分室、NISTでは世界最速の10GHzクロック周波数の量子暗号システムを開発し、世界最長となる200kmの光ファイバー上で配送することに成功した。

http://www.ntt.co.jp/news/news07/0705/070531a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×