マルウェアにあふれたインターネットの世界 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

マルウェアにあふれたインターネットの世界

国際 海外情報

「Googleで検索した際、10ページに1ページ分はウィルスなどの悪質なコードを含む」と5月11日のBBCニュースが、衝撃的な調査結果を報告。ユーザーへの警戒を呼びかけている。ウェブサイトの1割は悪質なコードが仕掛けられているというものだ。これはGoogleが10億単位の件数のウェブサイトを調査した結果で、さらに、そのうち450万件を「徹底的」に調べている。

その上で、450万件のサイトのうち、45万件はいわゆる「ドライブバイ・ダウンロード」を行うものだったと発表している。この「ドライブバイ・ダウンロード」は、例えばシマンテックでは、「ユーザーの知らないうちに、ユーザーの介入も許可も受けずにプログラムをダウンロード。ユーザーのシステムにインストールしてしまうプロセス」と説明している。

最近特に、この「ドライブバイ・ダウンロード」は、コンピュータを感染させて、重要情報を盗む方法として一般的になりつつある。そして、ユーザーにマルウェアを感染させるためにソーシャルエンジニアリングの手法を用いている。

よくあるのが…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×