データベースセキュリティの最新版を発売(アイピーロックス) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

データベースセキュリティの最新版を発売(アイピーロックス)

アイピーロックス ジャパン株式会社は5月18日、データベース・セキュリティおよび内部統制支援ソリューションの最新版として「IPLocks V6.2」を6月初旬より発売すると発表した。本製品は、データベース・アクセスを監視、監査するセキュリティ・ソリューション。価格は、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アイピーロックス ジャパン株式会社は5月18日、データベース・セキュリティおよび内部統制支援ソリューションの最新版として「IPLocks V6.2」を6月初旬より発売すると発表した。本製品は、データベース・アクセスを監視、監査するセキュリティ・ソリューション。価格は、ソフトウェア一式で150万円から。新バージョンでは、新開発の「アクティブ・プロビジョニング」技術により、不正・不審な行為が検知された場合、即座にそのアカウントを自動的に停止するといった、企業のリスクを最小化する先進機能を実装した。

また「アドミニストレーションルール」モジュールを強化し、データベースに関して強力な権限を持つOracleのSYSユーザを含め、監査・監視機能が大幅に強化された。今後のバージョンではDB2、SQL Serverなどにも対応する予定。さらに「IPLocks監査ログエージェント」の機能強化により、監査ログを負担のかかりやすいOracle内部テーブルではなく、OS上のファイルとして記録する方式にも対応した。これにより、最大約50%のスループット(TPS性能、Windows版にて)向上を実現している。

http://www.iplocks.co.jp/press/20070518.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×