愛媛県愛南町が住民情報流出の第3報、流出件数は14万件以上 | ScanNetSecurity
2021.09.26(日)

愛媛県愛南町が住民情報流出の第3報、流出件数は14万件以上

愛媛県愛南町は5月18日、住民の個人情報がインターネット上に流出した事件に関し、第3報を発表した。発表によると、流出したデータは株式会社デンケンと委託契約を交わしていたものだが、デンケンは承認を得ずに業務を山口市の山口電子計算センターに再委託、この作業に

製品・サービス・業界動向 業界動向
愛媛県愛南町は5月18日、住民の個人情報がインターネット上に流出した事件に関し、第3報を発表した。発表によると、流出したデータは株式会社デンケンと委託契約を交わしていたものだが、デンケンは承認を得ずに業務を山口市の山口電子計算センターに再委託、この作業にあたった同センター北九州事業所の元女性職員が自宅にデータを持ち帰り、個人用PCに保存していたことが判明している。

また同町では、流出した住民情報のデータ調書を発表している。これによると、流出したデータは旧内海村、旧御荘町、旧城辺町、旧一本松町、旧西海町の住基情報、国民年金情報、老人保健情報などで、旧城辺町の住民に関しては口座情報も含まれていた。総合計件数は142,843件で、実人数は54,850名となる。

愛媛県愛南町:愛南町の住民の個人情報の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.town.ainan.ehime.jp/life/life_detail.php?lif_id=973
愛媛県愛南町:住民情報漏えいに係るデータ調書
http://www.town.ainan.ehime.jp/life/uploaded/pdf/973_pdf2.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×