Windowsのセキュリティを強化するソフトを発売(FFC) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

Windowsのセキュリティを強化するソフトを発売(FFC)

株式会社FFCは5月15日、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏洩対策を行うソフト「InfoBarrier5」を5月23日より発売すると発表した。最新版では、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視できるアラート機能を付加した。監視結果は、システム

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社FFCは5月15日、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏洩対策を行うソフト「InfoBarrier5」を5月23日より発売すると発表した。最新版では、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視できるアラート機能を付加した。監視結果は、システム管理者および本人に通知できる。

また、操作ログ監視機能を一層強化した。ファイルサーバへのファイル操作やアプリケーションの起動・終了、メッセンジャー利用、外部媒体接続の操作を監視することで、ユーザの操作を時系列により具体的に把握できるようになった。そのほか、大規模運用に備え中継サーバの負荷状態を確認することができ、万一負荷が高い場合は、別のサーバへ柔軟に変更でき、サーバへの負荷をコントロールすることが可能だ。

http://www.ffc.co.jp/newsrelease/2007/0515.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×