次世代型デバイス「wizpy」を利用したシンクライアント・システムを発表(ターボリナックス) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

次世代型デバイス「wizpy」を利用したシンクライアント・システムを発表(ターボリナックス)

ターボリナックス株式会社は5月11日、PCソフトウェア一式をOSごと持ち運ぶことができる次世代型のデバイス「wizpy(ウィズピー)」をクライアント端末に利用する企業向けセキュアクライアントシリーズを発表、シリーズ第1弾として「wizpy Style TC703」の提供を5月14日よ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ターボリナックス株式会社は5月11日、PCソフトウェア一式をOSごと持ち運ぶことができる次世代型のデバイス「wizpy(ウィズピー)」をクライアント端末に利用する企業向けセキュアクライアントシリーズを発表、シリーズ第1弾として「wizpy Style TC703」の提供を5月14日より開始した。同シリーズは、wizpyを利用目的に合わせた設計で提供する「wizpy Style」のひとつで、今後、数種類の製品をリリースする予定。

wizpy Style TC703は、ユーザーが使うPCなどのクライアント端末に必要最小限の処理をさせ、主な処理はサーバ側で集中的に行うシンクライアントを実現するクライアント側OSとアプリケーション。既設のPCをクライアント端末として利用することができるため、資産を有効活用でき、低価格でセキュアクライアント環境を構築することが可能。各ユーザーは同デバイスでそれぞれのクライアント環境を持ち運ぶため、フリーアドレスでの利用が可能で、座席移動などの際にもネットワークなどの設定変更が必要なく、システム管理の手間が軽減できる。また、通常のwizpyと異なりユーザー記録領域をもたない仕様のため、情報漏洩のリスクがないのも特長。

CD-ROMやCF、USBメモリといったストレージデバイスから起動することが可能なほか、ハギワラシスコムが提供するストレージデバイスUDRWに対応。また、オプションとして、実績のあるシンクライアント・ソリューション「Citrix」や「Go-Global」を導入することも可能。今後は指紋認証と連携する製品などの開発を進めていく予定。

http://www.wizpy.jp/index.php?action_info_detail=true&category=1&number=64
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×