企業向けウイルス対策製品の最新バージョンを日本語化(Kaspersky Labs Japan) | ScanNetSecurity
2021.09.24(金)

企業向けウイルス対策製品の最新バージョンを日本語化(Kaspersky Labs Japan)

株式会社Kaspersky Labs Japanは5月15日、企業向けウイルス対策製品「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0」「KasperskyAnti-Virus for Windows Server 6.0」「Kaspersky Administration Kit 6.0」の各日本語版を発表した。販売開始は6月の予定。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社Kaspersky Labs Japanは5月15日、企業向けウイルス対策製品「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0」「KasperskyAnti-Virus for Windows Server 6.0」「Kaspersky Administration Kit 6.0」の各日本語版を発表した。販売開始は6月の予定。

「Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation 6.0」は、主に企業・団体内のクライアントPCを保護する統合セキュリティ対策ソフト。ウイルス・スパム対策、ファイアーウォール、侵入対策などの機能をひとつにまとめたもので、プロアクティブディフェンス機能を実装しており未知のウイルスなどにも素早く対応。

「Kaspersky Anti-Virus for Windows Server 6.0」は、Windows Server版OSに特化したウイルス対策ソフト。GUI機能を搭載し、サーバ管理者が直感的に操作・設定することが可能で、バックグランド処理などにより効率的なスキャンを実行可能。

「Kaspersky Administration Kit 6.0」は、Kaspersky Anti-Virus for Windows Workstation・Windows Server・Linux Workstation・Linux Fileserverを効率的に管理できる統合管理ツール。Windows上で動作し、ソフトウェアの一括インストールや端末上の設定を一括管理する機能を備え、システム管理者の作業を大幅に軽減できる。

http://www.kaspersky.co.jp/news.html?id=223
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×