フジテレビ、個人情報の一部を記録したノートPCを運営委託会社が紛失 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

フジテレビ、個人情報の一部を記録したノートPCを運営委託会社が紛失

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社フジテレビジョンは4月20日、株式会社ナノ・メディアに運営を委託する携帯サイト「Johnny’s Web」に関する個人情報の一部を入力したノート型PC1台が紛失と発表した。これは、ナノ・メディアの社員が4月14日午前2時半から午前4時にかけ、複数のタクシーを使って都内を移動する途中のいずれかでノートPCを入れた鞄を置き忘れ、紛失したというもの。このPCには、1月15日から2月5日にかけて受注したタレントグッズに関連する個人情報、ユーザサポートに使われる氏名、住所、電話番号、メールアドレス、グッズ購入情報データで、重複するデータを除いた総数は、最大56,802件になるという。

フジテレビ:個人情報を入力したノートパソコンの紛失について
http://wwwz.fujitv.co.jp/info/index_070420.html
ナノ・メディア:個人情報を含むパソコンの紛失について
http://www.nanomedia.jp/release/2007/0420_owabi.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×