北海道警察、巡査長の私有PCから約560名の個人情報を含む捜査情報が流出 | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

北海道警察、巡査長の私有PCから約560名の個人情報を含む捜査情報が流出

北海道警察は4月19日、稚内署刑事課巡査長の個人用PCから、捜査情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。流出した情報には、地元暴力団の組員やその家族、知人など約400名の氏名、住所、犯歴などの情報、および同巡査長の友人約160名分の住所録、また

製品・サービス・業界動向 業界動向
北海道警察は4月19日、稚内署刑事課巡査長の個人用PCから、捜査情報がインターネット上に流出したことが判明したと発表した。流出した情報には、地元暴力団の組員やその家族、知人など約400名の氏名、住所、犯歴などの情報、および同巡査長の友人約160名分の住所録、また窃盗事件2件の証拠品目録などが含まれていた。なお、この情報は平成18年春頃に作成されたもので、同巡査長は個人用PCを許可を得て公務で使用していた。その後、このPCを無断で自宅に持ち帰り、Winnyをインストールした。流出の原因はWinnyウイルス感染とみられている。

北海道警察
http://www.police.pref.hokkaido.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×