サーバOS向け総合侵入防止ソリューションを発売(シマンテック) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.20(金)

サーバOS向け総合侵入防止ソリューションを発売(シマンテック)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社シマンテックは4月18日、Windows、UNIX、LinuxなどのサーバOS向け総合侵入防止ソリューション、「Symantec Critical System Protection 5.1」を4月19日より発売すると発表した。本製品は、エンドポイント向けの総合セキュリティ製品群のひとつであり、システム監査とコンプライアンスを拡張するとともに、レポーティング機能、一元管理コンソールによるクロスプラットフォームなIT環境の管理性を向上し、アプリケーションとOSをゼロデイ攻撃から保護するソリューション。

また、ビヘイビア分析とシグネチャの組み合わせにより、機密情報の保護とシステムダウンタイムの防止を同時に行うことができる。さらに、管理作業の効率化に向けて、アプリケーションとOSの各機能に対応した自動設定セキュリティポリシーを備えている。これらのポリシーは、インストールされているOSとアプリケーションに自動的に適応するため、管理者が各機能別にポリシーを設定する必要がない。管理者権限の「逆エスカレーション」(権限降格)によって組織内部での権限濫用を防ぐことも可能だ。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20070418_01
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×