暗号ライブラリが日本初のJCMVP認証を取得(東芝ソリューション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

暗号ライブラリが日本初のJCMVP認証を取得(東芝ソリューション)

製品・サービス・業界動向 業界動向

東芝ソリューション株式会社は4月18日、自社で開発した暗号ライブラリが、「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」に基づく日本で初めての認証を2007年3月30日付けで取得したと発表した。JCMVPは、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が運用するもので、電子政府推奨暗号リストなどに記載されている暗号アルゴリズムが暗号モジュールに適切に実装され、その鍵やパスワードなどの重要情報のセキュリティを確保していることを試験、認証する制度。

同社はこの認証制度の試行運用に参加し、この制度の日本で初めての認証を取得することとなった。なお、本認証制度は2007年4月からISO/IEC 19790(JIS X 19790)、JIS X 5091に基づき正式運用が開始されるが、試行運用中に取得した認証も正式認証扱いとなる。同社では今後、認証を受けた暗号ライブラリを共通部品として活用し、セキュリティ品質を一層向上させたソリューションを提供していくとしている。

http://www.toshiba-sol.co.jp/news/detail/070418.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×