4つの導入モデルが用意されたID管理ソリューションを発売(NTTソフトウェア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

4つの導入モデルが用意されたID管理ソリューションを発売(NTTソフトウェア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

NTTソフトウェア株式会社は4月17日、「アイデンティティ管理ソリューション」を7月より発売すると発表した。本ソリューションは、同社が現在提供しているシングルサインオン認証システム「CSLGuard」と、アカウント管理システム「ACTCenter」に内部統制に配慮した新たな機能などを追加し開発された新バージョン。販売参考価格は、内部統制エントリーモデルで1,000万円(1,000ユーザ)から。

内部統制対策強化では、システム監査をより確実に行えるようにシングルサインオンによる各システムへのアクセス状況を記録する監査ログの充実・一元化を図った。また、各業務システムのアカウント削除漏れなどを検知し、自動削除するなど内部統制の徹底を図る監査機能を提供する。なお、導入実績をもとに短期間の導入と低コストでの構築を実現するために、「内部統制エントリーモデル」「内部統制統合モデル」「金融 特権アカウント管理モデル」「大学 サーバアカウント統合モデル」の4つの「導入モデル」を取り入れた。

http://www.ntts.co.jp/whatsnew/2007nr/070417_NR.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×