量子暗号通信システムに関する世界的な動向をまとめた報告書を公表(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

量子暗号通信システムに関する世界的な動向をまとめた報告書を公表(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月13日、「量子暗号通信システムに関する世界的な動向調査」と題した報告書をサイト上に公開した。

量子暗号通信システムは、盗聴されたことの検出が可能という特徴をもつ情報理論的な安全性を有する暗号通信システム。スイス、米国、仏などでは商用のシステムが開発されており、日本でも、NICTプロジェクト(東大・三菱・NEC)、東芝や東大・富士通などで研究開発が行われている。

本書は、その量子暗号通信システムに要求されるセキュリティ要件を定めるため、日本を含む欧米の先進諸国(米、英、スイス、仏など)の同システムに関わる開発動向及び安全性評価動向(政府機関、民間)を調査し、今後の展開予想と合わせてまとめたもの。その機能から理論的安全性、既存の実装製品、標準化動向などがコンパクトに掲載されている。

http://www.ipa.go.jp/security/fy18/reports/quantum/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×