セキュリティを強化したネットワークサーバの新モデルを発売(富士通) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

セキュリティを強化したネットワークサーバの新モデルを発売(富士通)

富士通株式会社は4月11日、ネットワークサーバ「IPCOM EXシリーズ」の新モデルを発表、同日より発売を開始した。同社はこれまで「IPCOM Sシリーズ」を提供していたが、多種多様化したセキュリティ脅威への対応やコスト削減などの要望を踏まえ、新製品構成とした。サーバ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
富士通株式会社は4月11日、ネットワークサーバ「IPCOM EXシリーズ」の新モデルを発表、同日より発売を開始した。同社はこれまで「IPCOM Sシリーズ」を提供していたが、多種多様化したセキュリティ脅威への対応やコスト削減などの要望を踏まえ、新製品構成とした。サーバを集約するロードバランサ(サーバ負荷分散装置)にセキュリティ機能を統合したことで、設置スペースと消費電力が約8分の1、システム運用コストが約2分の1(ともに同社比)となる。

ラインナップは、UTMとサーバ負荷分散機能を1Uサイズで提供する「INシリーズ」(新製品)、ファイアーウォール、IPS、アンチウイルスなどのネットワーク/セキュリティ機能を提供する「SCシリーズ」、リンク負荷分散やWebコンテンツ・フィルタリングなどの機能を実現する「NWシリーズ」(新製品)、サーバ負荷分散、帯域制御の機能を実現する「LBシリーズ」。同シリーズは、企業の目的に合わせて選択できるほか、将来装置の入れ替えや装置の追加なしに、オプション追加だけで機能をアップすることが可能だ。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2007/04/11.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×