データベース管理システムで世界初のITセキュリティ認証を取得(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.19(月)

データベース管理システムで世界初のITセキュリティ認証を取得(NTTデータ)

株式会社NTTデータは4月11日、データベース管理システム「PostgreSQL」およびセキュリティ評価の国際規格「ISO/IEC 15408」に基づくITセキュリティ認証を取得したと発表した。これまでオープンソースソフトウェアでITセキュリティ認証を取得しているのはOS製品だけで、オ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社NTTデータは4月11日、データベース管理システム「PostgreSQL」およびセキュリティ評価の国際規格「ISO/IEC 15408」に基づくITセキュリティ認証を取得したと発表した。これまでオープンソースソフトウェアでITセキュリティ認証を取得しているのはOS製品だけで、オープンソースのデータベース管理システムでは世界で初めての認証取得となる。

同社は4月11日より認証取得版PostgreSQLを公開する。認証を取得したPostgreSQLは、PostgreSQL 8.1をベースに、パスワード認証、監査ログ表示・閲覧機能等を強化してセキュリティ評価基準に適合するよう構成したもの。Linux用の実行形式プログラムおよびPostgreSQLのセキュアな運用のガイドラインを含んでいる。

http://www.nttdata.co.jp/release/2007/041100.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×