データベース管理システムで世界初のITセキュリティ認証を取得(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.22(木)

データベース管理システムで世界初のITセキュリティ認証を取得(NTTデータ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社NTTデータは4月11日、データベース管理システム「PostgreSQL」およびセキュリティ評価の国際規格「ISO/IEC 15408」に基づくITセキュリティ認証を取得したと発表した。これまでオープンソースソフトウェアでITセキュリティ認証を取得しているのはOS製品だけで、オープンソースのデータベース管理システムでは世界で初めての認証取得となる。

同社は4月11日より認証取得版PostgreSQLを公開する。認証を取得したPostgreSQLは、PostgreSQL 8.1をベースに、パスワード認証、監査ログ表示・閲覧機能等を強化してセキュリティ評価基準に適合するよう構成したもの。Linux用の実行形式プログラムおよびPostgreSQLのセキュアな運用のガイドラインを含んでいる。

http://www.nttdata.co.jp/release/2007/041100.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×