04月05日のWeb改竄情報 | ScanNetSecurity
2021.08.05(木)

04月05日のWeb改竄情報

4月4日、大阪市立大学のWebサイト改竄が確認されている。改竄を行ったのは「Latin American Defacers」と名乗るグループと思われる。なお、復旧情報は4月5日正午現在のもの。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
4月4日、大阪市立大学のWebサイト改竄が確認されている。改竄を行ったのは「Latin American Defacers」と名乗るグループと思われる。なお、復旧情報は4月5日正午現在のもの。

・復旧している(ファイルが削除されている)サイト

大阪市立大学(Latin American Defacers:Linux)
http://wgrass.media.osaka-cu.ac.jp/ms-demos.html


※「復旧していない」サイトには、ウイルスやトロイの木馬などが仕込まれているなどのさまざまな危険が考えられます。サイトにアクセスする場合は、じゅうぶん注意の上、ご自身の責任でアクセスしてください。

※このコーナーは以下のサイトを参考にさせていただいております。

Zone-H.org
http://www.zone-h.org/

日本のWeb改ざん状況
http://www.fearoot.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×