核兵器開発を行う研究所からデータ漏洩(1)機密情報の入ったUSBメモリが持ち出される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

核兵器開発を行う研究所からデータ漏洩(1)機密情報の入ったUSBメモリが持ち出される

国際 海外情報

2006年10月17日、米国ニューメキシコ州ロスアラモスの民家で、米国の国立研究機関、ロスアラモス研究所の機密情報の入った3個のUSBドライブを警察が発見、押収している。

ロスアラモス研究所といえば、広島、長崎に投下された原子爆弾が製造されたことで有名だ。現在も1万人を超える研究者が勤務して、核兵器の開発をはじめ、米国の軍事研究の中心を担っている。約5787ヘクタールの構内には2000棟を超える建物が並ぶ広大な施設だ。

研究所があるロスアラモス郡は、住民には研究所の科学者やエンジニアが多く、生活は比較的豊かで治安もよいと言われている。しかし、事件はそのような安全とされている街で、家庭内暴力、DVの通報がきっかけで明らかになった。

警察が駆けつけて、当事者の1人が20歳で保護観察期間にあったジャスティン・ストーンだったことがわかった。さらに、ストーンが暮らしていた部屋から覚醒剤の1種、メタンフェタミンの残留物が見つかり、警察が押収している。

ストーンは以前、麻薬とともに盗難したクレジットカードを所持していて逮捕され、4月11日から30ヵ月の保護観察の判決を受けていた。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×