核兵器開発を行う研究所からデータ漏洩(1)機密情報の入ったUSBメモリが持ち出される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

核兵器開発を行う研究所からデータ漏洩(1)機密情報の入ったUSBメモリが持ち出される

国際 海外情報

2006年10月17日、米国ニューメキシコ州ロスアラモスの民家で、米国の国立研究機関、ロスアラモス研究所の機密情報の入った3個のUSBドライブを警察が発見、押収している。

ロスアラモス研究所といえば、広島、長崎に投下された原子爆弾が製造されたことで有名だ。現在も1万人を超える研究者が勤務して、核兵器の開発をはじめ、米国の軍事研究の中心を担っている。約5787ヘクタールの構内には2000棟を超える建物が並ぶ広大な施設だ。

研究所があるロスアラモス郡は、住民には研究所の科学者やエンジニアが多く、生活は比較的豊かで治安もよいと言われている。しかし、事件はそのような安全とされている街で、家庭内暴力、DVの通報がきっかけで明らかになった。

警察が駆けつけて、当事者の1人が20歳で保護観察期間にあったジャスティン・ストーンだったことがわかった。さらに、ストーンが暮らしていた部屋から覚醒剤の1種、メタンフェタミンの残留物が見つかり、警察が押収している。

ストーンは以前、麻薬とともに盗難したクレジットカードを所持していて逮捕され、4月11日から30ヵ月の保護観察の判決を受けていた。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×