フィッシング詐欺を防止するパスワード相互認証プロトコルを開発(ヤフー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

フィッシング詐欺を防止するパスワード相互認証プロトコルを開発(ヤフー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ヤフー株式会社は3月23日、産業技術総合研究所情報セキュリティ研究センターと共同で進めてきたインターネットにおけるセキュリティ強化技術の成果として、Webでの利用に適したパスワード相互認証プロトコルの開発成功を発表した。

新技術は、国際標準にも採用されているPAKE(Password Authenticated Key Exchange)と呼ばれる暗号・認証技術に新たな手法で改良を加え、Webの標準プロトコルであるHTTPおよびHTTPSに適用したもので、ユーザーがパスワードでサイトの真偽性を確認できる仕組みを提供することによりフィッシングを防止するもの。これを利用すれば、偽サイトで誤ってパスワードを入力しても、パスワードそのものを詐取されることはなく、ログインが成功したように偽装されることもないとのこと。また、従来の対策では解決が難しかった、偽サイトが通信を本物サイトへ中継する中間者攻撃と呼ばれる手口にも対応している。

2007年度中に「Yahoo!オークション」上での実証実験を行う予定。また、将来的には、オープンソースコミュニティにソースコードを提供して、Webにおけるパスワード相互認証の技術標準としての確立を目指すことを考えている。

http://pr.yahoo.co.jp/release/2007/0323a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×