NTT西日本、顧客情報が業務委託先社員の個人用PCからウイルス感染で流出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.16(金)

NTT西日本、顧客情報が業務委託先社員の個人用PCからウイルス感染で流出

NTT西日本は3月19日、同社名古屋支店から業務を受託している株式会社NTT西日本−東海において、社員の自宅にある個人用PCがウイルスに感染し、PC内に保管されていた顧客情報がネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTT西日本は3月19日、同社名古屋支店から業務を受託している株式会社NTT西日本−東海において、社員の自宅にある個人用PCがウイルスに感染し、PC内に保管されていた顧客情報がネットワーク上に流出していたことが判明したと発表した。

流出した顧客情報は、平成15年11月当時に作成されたNTT西日本名古屋支店のもので、愛知県エリアの顧客数は142件、内訳は個人の顧客55件、法人の顧客87件であった。内容は、顧客名(個人名・法人名)、住所、電話番号、料金情報などで、料金引き落としの口座番号などは含まれていないとしている。


NTT西日本−東海:お客様情報の流出に関するお詫びとお知らせ
http://www.ntt-west-tokai.co.jp/news/20070319/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×