フランスで、右翼政治家の重要情報が盗難される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

フランスで、右翼政治家の重要情報が盗難される

3月5日付けでロイターが、フランスの右翼政党、国民戦線(FN)のジャンマリー・ルペン党首の事務所にあるコンピュータにハッカーが侵入。極秘情報が盗まれたと報じた。

国際 海外情報
3月5日付けでロイターが、フランスの右翼政党、国民戦線(FN)のジャンマリー・ルペン党首の事務所にあるコンピュータにハッカーが侵入。極秘情報が盗まれたと報じた。

ルペン党首は、今春、予定されている大統領選挙の候補の1人だ。2002年に行われた前回の大統領選挙では、決選投票に進んでいる。反移民、反EUの極右政党の代表の大健闘によりフランスだけではなく、世界中の注目を浴びた。

ルペン事務所へのハッカーによる情報盗難は、4月22日の第1回投票に向け、中傷合戦が活発化している中での出来事だ。ルペン党首は大統領選挙への出馬を表明しているが、正式に候補と承認されるには、3月16日までに最低500人の上院議員や市長などの“選出された”議員からの推薦を行う署名が必要だ。

2月28日に、フランスの研究調査機関CSAが発表した、大統領候補の支持率で、ルペン党首は4位に付けており、前回の選挙から5年経った今も、根強い支持を受けている様子だ。しかし…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】

──
(この記事には続きがあります。続きはScan本誌をご覧ください)
http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×