明治安田生命グループのシステム開発会社、社員個人PCから業務情報などが流出 | ScanNetSecurity
2021.07.26(月)

明治安田生命グループのシステム開発会社、社員個人PCから業務情報などが流出

明治安田システム・テクノロジー株式会社は3月19日、取引先企業の業務関連情報などがファイル交換ソフト「Winny」経由でインターネット上に流出していることが判明したと発表した。これは、同社社員自宅の個人所有PCが2006年2月にウイルスに感染し、PC内に保管していた取

製品・サービス・業界動向 業界動向
明治安田システム・テクノロジー株式会社は3月19日、取引先企業の業務関連情報などがファイル交換ソフト「Winny」経由でインターネット上に流出していることが判明したと発表した。これは、同社社員自宅の個人所有PCが2006年2月にウイルスに感染し、PC内に保管していた取引先企業の業務関連情報などが、ファイル交換ソフト「Winny」経由でネットワーク上に流出したもの。

流出した情報は、法人名および取引先の業務システムの概要および開発・保守業務の概要5団体分(個人の氏名、連絡先などの情報は含まれていない)および同社従業者の氏名、住所、電話番号など365名分。なお、現時点では、当該情報が不正に使用された事実は確認されていないとしている。

明治安田システム・テクノロジー:取引先企業の業務関連情報等の流出について
http://www.mytecno.com/report/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×