次世代セキュリティ製品スイートの日本語版を5月に発売(ウティマコ セーフウェア) | ScanNetSecurity
2021.07.27(火)

次世代セキュリティ製品スイートの日本語版を5月に発売(ウティマコ セーフウェア)

ウティマコ セーフウェア株式会社は3月7日、次世代セキュリティ製品スイート「SafeGuard Enterprise 5.0」日本語版を発表した。発売開始は5月末の予定。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ウティマコ セーフウェア株式会社は3月7日、次世代セキュリティ製品スイート「SafeGuard Enterprise 5.0」日本語版を発表した。発売開始は5月末の予定。

同スイートは、PC、ラップトップ、コンピュータ・デバイス、リムーバブルメディア、サーバ、電子メール上のあらゆる情報を包括的に保護する認証、暗号化および監査用のソリューション。クライアントだけでデータのセキュリティを確保する、これまでのセキュリティ・ソリューションとは違い、同製品はオープンなモジュール・アーキテクチャを採用し、一つの集中管理用モジュールで社内ITインフラストラクチャ全体にセキュリティポリシーを展開して管理するのが特徴。

SafeGuard Enterprise 5.0は、6つのセキュリティ・モジュールで構成されているが、このうち日本で発売予定なのは「SafeGurard Management Center」と「SafeGuard Device Encryption」の2つ。Management Centerは、同製品の中核となるモジュールで、異なるプラットフォーム全体にセキュリティポリシーを容易、かつ効果的に導入できる製品。また、Device Encryptionは、ノートPC、ディスクトップ、PDA、スマートフォン、リムーバブルメディア上のデータを透過的に暗号化できる暗号化モジュール。トークンやTPMといったセキュリティ・ハードウェアもサポートしている。

http://www.utimaco.jp/content_press/PR_SGN_5_-J_F.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×